R指定映画

安達祐実の濡れ場が観れる映画一覧

安達祐実の濡れ場が観れる映画一覧

花宵道中

花宵道中スクリーンショット6
監督豊島圭介
レイティングR15+
出演者安達祐実、淵上泰史、小篠恵奈、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野、友近、高岡早紀、津田寛治
あらすじ

江戸時代末期の新吉原で育った女郎の朝霧(安達祐実)は、幼い頃に女郎の母から受けた度重なる折檻が原因で身体中に痕が残り、肌が火照るとその傷痕がまるで桜の花弁のように見えることもあって、「花を咲かせる女郎」として人気を博していました。

朝霧の年季明けまであと一年の頃、吉原炎上によって遊郭が焼失し、女郎たちは吉原の外の仮宅へと移住することになります。ある日、妹分の八津(小篠恵奈)と一緒に神社の縁日を訪れた朝霧は、そこで染物職人の半次郎(淵上泰史)と出会い、生まれて初めての恋に落ちます。

壊れてしまった朝霧のかんざしを半次郎が修繕することになり、二人は3日後の同じ時間に同じ場所で再会することを約束します。しかし、贔屓客に裏切られて傷心した八津の介抱のために朝霧は約束の時間に行くことができず、半次郎との再会を果たせません。

ある日、贔屓筋の織物問屋の吉田屋藤衛門(津田寛治)から座敷に呼ばれた朝霧は、藤衛門と同席していた半次郎と再会します。咄嗟に初対面を装う朝霧でしたが、藤衛門は朝霧の半次郎への恋心を目ざとく感じ取ると、その場で朝霧の着物を乱暴に脱がし、半次郎に見せつけるかのように犯し始めます。

恋愛が御法度な女郎の身でありながら、半次郎に恋をしてしまった朝霧の運命とは……。

【花宵道中】の詳細を見る »

『花宵道中』のフル動画を無料視聴!