R指定映画

映画『アンチクライスト』フル動画を無料視聴!子供を亡くした夫婦の苦悩を描く衝撃作

『アンチクライスト』…子どもを亡くした親の苦悩を描くドラマ作品です。

このページでは『アンチクライスト』の無料視聴方法を解り易く紹介しています。
また、あらすじ・見どころ・ネタバレなども紹介していますので、作品の概要だけ知る事も出来ます。

映画『アンチクライスト』の無料視聴方法

『アンチクライスト』を配信しているVODは以下になります。

U-NEXT
Hulu×
dTV×
FODプレミアム×
TSUTAYA DISCAS

映画『アンチクライスト』の視聴にオススメなのはU-NEXT

U-NEXTロゴ

僕が一番お勧めしたいVODはぶっちぎりでU-NEXTです。

動画配信本数が17万本以上(見放題14万本)とVOD業界全体で見てもトップの配信本数を誇る事に加えて、電子書籍35万冊以上配信、雑誌70誌以上の読み放題が利用出来るという優れモノの動画配信サービスになっております。

さらに我々男性には嬉しい事に、見放題で視聴できるアダルト動画が3万5千本以上も配信されていると言う神としか言い様の無いVODで御座います!
R指定映画なんてしゃらくせえ!もっとスケベな動画が見たいんじゃ!と思っているお父さんお兄さんも絶対に満足できる質と量が揃っている事を、チェリーボーイだけあってAVを滅茶苦茶見てる僕が保障します!

また、31日間の無料期間中でも600円分のポイントが配布されると言う大盤振る舞いを見せてくれています!このポイントは映画・ドラマの最新作や電子書籍の購入に使えるので利用価値は非常に高いです!(有料会員になると毎月1200ポイント付与)

月額料金は2189円(税込)で強気の価格設定ですが無料期間中に解約してしまえば月額費を払う必要は無くタダで利用できるので、使うだけ使ったらさっさと解約しましょう。

\ 31日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間でも600円分のポイントが貰える
※無料期間中に退会すればタダ

映画『アンチクライスト』をDVD/BDで見たい人はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASロゴ

BDかDVDで見たい!という方にはTSUTAYA DISCASがお勧めです。

これは注文すると自宅にBD/DVDが届くと言う宅配レンタルサービスになっています。
返却も郵便ポストに投函するだけなので非常に簡単です。

VODは便利ですが、配信されていない作品も多かったりします。
その点TSUTAYA DISCASは日本のレンタルビデオを支配したTSUTAYAが運営しているサービスなので、貸し出しされていない作品を探す方が難しいと思うくらいラインナップが充実しています。

TSUTAYA DISCASにも30日間の無料期間がありますが、この期間内に解約すれば料金は掛からないので、興味がある人は試しに利用してみても損はしません。

\30日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間中に退会すればタダ
※動画1万本見放題VODのTSUTAYA TVも使える(※TSUTAYA DISCASではなくTSUTAYA TVで配信されている場合もあります)
※無料期間でもTSUTAYA TVで使える1100円分のポイントが貰える

映画『アンチクライスト』あらすじ

アンチクライストスクリーンショット2

学生である妻(シャルロット・ゲンズブール)とセラピストの夫(ウィルム・デフォー)は愛し合っている最中に息子を事故で失ってしまいます。セックスの快楽に酔いしれるあまり、息子が窓によじ登っているのに気づかなかったのです。そのまま息子は窓から転落死してしまいます。

夫婦は一人息子を失った悲嘆に暮れます。息子の葬儀の日、妻は気を失って倒れてしまい、そのまま病院に入院します。セラピストの夫は、妻の主治医の精神科医の治療方針に納得がいきません。夫は、自分のセラピーで妻を治療することを決め、病院から妻を自宅に連れ帰り治療を始めます。

しかし、自宅に連れ帰ってもなかなか妻の症状は快方に向かいません。そして、そんな妻が見つけないように、夫は息子の検死報告書をしっかりと隠し持っていました。セラピーの中で夫は、妻の恐怖の原因が「森」と「エデン(楽園)」だと知ります。そして、夫はセラピーのため、妻が以前に論文執筆に集中するために息子と訪れていた森へ向かいます。二人は深い森の奥にある山小屋に到着し、夫は妻の治療に専念します。

山小屋の中でもセラピーを進めますが、治療はなかなか上手くいきません。そして、山小屋に残されていた妻の論文執筆のための資料や、息子と妻の写真を見るうちに、夫は妻にある疑念を抱き始めます。治療は難航し、山小屋という密室空間でだんだんと妻は狂っていきます──。

映画『アンチクライスト』基本情報・キャスト

製作:2009年製作・デンマークほか・ドラマ・エロ・ホラー(2011年2月26日)R18+
監督:ラース・フォン・トリアー
脚本:ラース・フォン・トリアー
出演者:ウィルム・デフォー、シャルロット・ゲンズブール

映画『アンチクライスト』見どころ3選!

セックスシーンのオンパレード!

アンチクライストスクリーンショット3

この映画の主人公の夫婦は、セックスの享楽に溺れている内に最愛の息子を事故で亡くしてしまいます。ならば、トラウマで性欲が無くなるかと言えば、残念ながらそんなことはありません(笑)ちょっとやり過ぎではないかと思うほど、今作では主人公夫婦のセックスシーンのオンパレードです!

妻役のシャルロット・ゲンズブールは、同じ監督の「ニンフォマニアック」でも、抜群の体当たり演技を披露しましたが、今作の体当たり演技も抜群です。

二ンフォマニアックvol.1スクリーンショット
映画『二ンフォマニアックvol.1』フル動画を無料視聴!セックスシーンだらけの問題作『二ンフォマニアックvol.1』…色情狂の女性が自身のセックスに溺れた半生を告白するストーリーです。 このページでは『二ンフォマニ...

圧巻のプロローグシーン!

アンチクライストスクリーンショット4

セックスシーン満載の映画「アンチクライスト」、もちろんプロローグもセックスシーンから始まります。しかし、このプロローグシーンが本当に美しいんです、モノクロの映像がスローモーションで流れ、BGMにはヘンデルの「私を泣かせてください」が流れます。

そんな荘厳な雰囲気の画の中で、夫婦のセックスシーンとその最中に起こる息子の転落死という衝撃的なシーンが展開されます。まさに鬼才ラース・フォン・トリアーの世界観を体現したプロローグシーンは是非必見です!

シャルロット・ゲンズブールの体当たり演技!

アンチクライストスクリーンショット10

妻役を演じたのは、シャルロット・ゲンズブールという女優さんです。同じラース・フォン・トリアー監督の作品では「ニンフォマニアック」という作品で凄まじい体当たり演技を見せています。

しかし、今作での彼女もそれに全く負けず劣らずの体当たり演技を見せてくれます。現に、シャルロット・ゲンズブールは今作でカンヌ国際映画祭の女優賞を受賞しています。そして、今作では幾度とないセックスシーン、屋外でのオナニーシーン、終盤での狂っていく様子など、まさに怪演のオンパレードです!彼女の体当たり演技にも是非ご注目下さい!

二ンフォマニアックvol.2スクリーンショット
映画『二ンフォマニアックvol.2』フル動画を無料視聴!セックス依存の女性を描いた衝撃作『二ンフォマニアックvol.2』…セックス依存症の女性の半生を描いた映画の後編です。 前編はこちら↓ https://for...

映画『アンチクライスト』予告編

『アンチクライスト』 予告編

映画『アンチクライスト』ネタバレ

子どもを亡くし悲嘆に暮れる夫婦の結末は…

アンチクライストスクリーンショット5

夫は山小屋で妻の治療を始めますがなかなか上手くいきません。夫は山小屋にも息子の検死報告書を持ってきていました。息子の検死報告書の「足の骨に奇形が見られる。」という記述が気がかりだったからです。

そして、何か治療の手がかりはないかと、夫は山小屋を物色し始めます。そして、夫は息子と妻が以前に山小屋に来た際に撮った写真を見つけます。写真の中の息子はすべて靴を左右反対に履かされていました。妻にこのことを尋ねますが、妻には「そのとき間違っただけだ。」と受け流されます、夫は妻の息子に対する虐待を疑います。

さらに、山小屋を物色すると、妻が論文執筆のために集めていた魔女狩りや女性迫害に関する資料を見つけました。夫は妻が最も恐れるものが「森」や「エデン」ではなく「彼女自身」なのではないかと気づきます。

夫がその事実に気づくのを妻は見ていました。妻は、「自分の本性を知った夫が自分を捨てる」という妄想に取り憑かれ夫を襲います。妻は格闘の末、夫の脚に砥石を埋め込み夫が物理的に逃げられないようにします。

命の危険を感じた夫は、脚の砥石を引きずりながら必死に森へと逃げます。妻は叫びながらそれを追います。夫は運良く木の根元に小さな穴倉を見つけそこに隠れました。しかし、穴の中にいたカラスが騒ぎ始め、夫は妻に見つかってしまいます。妻は夫を山小屋へ引きずり戻します。

山小屋へ引きずり戻された夫は狂った妻の隙を突いて、砥石を力ずくで外します。そして、そのまま妻を絞殺、夫は脚を引きずりながら山小屋を出て山を下ります。そうすると、なぜか顔にぼかしの入った女性がたくさん山に入っていき、何とも幻想的なこのシーンでこの映画は終わります。

映画『アンチクライスト』感想

鬱とセックス…

アンチクライストスクリーンショット6

今作を撮ったラース・フォン・トリアー監督は何と言っても鬱映画として名高い「ダンサー・イン・ザ・ダーク」でその名を業界に轟かせた監督です。今作は、ラース・フォン・トリアーの監督作の中でも、翌2011年に公開された「メランコリア」、翌2013年に公開された「ニンフォマニアック」と併せて鬱3部作と呼ばれています。

もちろん、今作でもド頭から夫婦のセックス中に子どもが転落死してしまうというバリバリの鬱展開を見せてくれます。夫婦が我が子の死により、「悲嘆」に暮れ、「苦痛」に苛まれた末に、「絶望」へと堕ちていく様を描きます。

どんな状況であれ、悲しいことに人間は性欲に抗えません。僕も何度か性欲に負け、危ないところでオナニーにふけったこともあります(笑)。今作はそんな人間の様をこれでもかというくらい見せつけてくれます。章のなかにこれでもか!というくらいあるセックスシーンはそんな人間の「業」を描いているのではないでしょうか。

エロだけでなく「グロ」も…

アンチクライストスクリーンショット7

これもラース・フォン・トリアー監督のお家芸といっても過言ではないグロ描写も今作でいかんなく発揮されています。ラストシーンでの妻が夫の脚に砥石を突き刺すシーン、妻が自分の性器を傷つけるシーン、夫による妻の殺害シーンなど、エロだけでなく「グロ」描写もてんこ盛りです!

また、人間のグロシーンだけでなく、流産した我が子がついたままの鹿やヒナ鳥が猛禽類に食べられる様子など、動物のグロシーンもあります。最近は何でも自主規制でなかなかこういったシーンはテレビで流れる映画では無くなってしまいました。しかし、こうした過激な描写だからこそ表現できるリアルさというものもあるのでないでしょうか!と偉そうに言いながらも妻が性器を傷つけるシーンは思わず声が漏れてしまいました(笑)

この監督の作品はどれもこんな感じですが、今作は鬱展開と先述するようなハード描写で、ラース・フォン・トリアー作品の1作目として見るには、少しハードルが高いような気もします。もちろんデートムービーとしても適さないです。彼女のいない僕はそんなことを心配しなくてもいいのですが…(笑)

エロ・グロ耐性があったり、ラース・フォン・トリアーの他の作品で彼の虜にされた方は、是非必見の作品です!

食人族に捕まって食われるグロ描写もてんこ盛り映画↓

グリーンインフェルノスクリーンショット10
映画『グリーンインフェルノ』フル動画を無料視聴!アマゾンで食人族に襲われるカニバルホラー『グリーンインフェルノ』…熱帯雨林の開発に反対運動をする学生達を乗せた小型飛行機がジャングルへ墜落し、学生達は原住民の餌食になってしまい...

映画『アンチクライスト』まとめ

鬱々しく、エロさ、グロさ、ホラーさもあるラース・フォン・トリアー監督の傑作映画です!

分かりやすい物語や展開がある作品ではありませんが、人間の本質の深い部分をあぶり出している映画で、人間の本能や自然というものを嫌というほどリアルに描いています。妻役のシャルロット・ゲンズブールは「ニンフォマニアック」にも負けず劣らずの体当たり演技を今作でも披露してくれます。

カンヌ国際映画祭で上映された際には、スタンディング・オベーションと途中退出する人で賛否が分かりやすく分かれたようです。まあ他のラース・フォン・トリアー作品でもよく聞くエピソードですが(笑)

デンマークの奇才ラース・フォン・トリアー監督の鬱三部作の一作目。今作もラース・フォン・トリアー節全開で我が子を失った夫婦の悲哀を描き切っています。ラース・フォン・トリアーファンもそうでない方も是非必見です!

* 紹介した作品の各VODの配信情報は2021年1月のものになります。