R指定映画

映画『キャビン』フル動画を無料視聴!ホラー映画の常識を覆す新感覚スリラー!

キャビンメインポスター

『キャビン』…数々のホラー作品を盛大にオマージュした斬新な作品。
ホラー映画をたくさん見てる人ほど楽しめる秀作です。

映画『キャビン』の無料視聴方法

キャビンを配信しているVODは以下になります。

U-NEXT
Hulu ×
dTV
FODプレミアム ×
TSUTAYA DISCAS

映画『キャビン』の視聴にオススメなのはU-NEXT

U-NEXTロゴ

僕が一番お勧めしたいVODはぶっちぎりでU-NEXTです。

動画配信本数が17万本以上(見放題14万本)とVOD業界全体で見てもトップの配信本数を誇る事に加えて、電子書籍35万冊以上配信、雑誌70誌以上の読み放題が利用出来るという優れモノの動画配信サービスになっております。

さらに我々男性には嬉しい事に、見放題で視聴できるアダルト動画が3万5千本以上も配信されていると言う神としか言い様の無いVODで御座います!
R指定映画なんてしゃらくせえ!もっとスケベな動画が見たいんじゃ!と思っているお父さんお兄さんも絶対に満足できる質と量が揃っている事を、チェリーボーイだけあってAVを滅茶苦茶見てる僕が保障します!

また、31日間の無料期間中でも600円分のポイントが配布されると言う大盤振る舞いを見せてくれています!このポイントは映画・ドラマの最新作や電子書籍の購入に使えるので利用価値は非常に高いです!(有料会員になると毎月1200ポイント付与)

月額料金は1990円で強気の価格設定ですが無料期間中に解約してしまえば月額費を払う必要は無くタダで利用できるので、使うだけ使ったらさっさと解約しましょう。

\ 31日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間でも600円分のポイントが貰える
※無料期間中に退会すればタダ

映画『キャビン』をdTVで見る!

dTVロゴ

dTVの魅力は何と言っても月額500円のワンコインで12万本の動画を見放題で視聴できる所にあります。

配信されている作品もドラマ・アニメ・映画はもちろんフィットネスや音楽映像、更には落語など、他の動画サービスではお目に掛かれないような珍しい作品が配信されています。

ここまでdTVを褒めちぎってきましたが、ここからはデメリットをご紹介していきましょう。

まず配信本数が12万本もあってスゲー!と思うかもしれませんが、カラオケの映像など見る価値のない動画が非常に多いです、フィットネスや落語も好きな人には有難いかもしれませんが多くの人にとっては見ない動画になると思います。
更に画質も良いとは言えず大画面の視聴では荒さが出てしまいます(スマホなら気になりません)

個人的にU-NEXTに比べて劣りますが、dTVにも31日間の無料期間があるので、U-NEXTの無料期間をすでに使っている人はdTVに登録するのも有りです。(もちろん無料期間中に解約すればタダです)

\31日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間中に退会すればタダ

映画『キャビン』をDVD/BDで見たい人はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASロゴ

BDかDVDで見たい!という方にはTSUTAYA DISCASがお勧めです。

これは注文すると自宅にBD/DVDが届くと言う宅配レンタルサービスになっています。
返却も郵便ポストに投函するだけなので非常に簡単です。

VODは便利ですが、配信されていない作品も多かったりします。
その点TSUTAYA DISCASは日本のレンタルビデオを支配したTSUTAYAが運営しているサービスなので、貸し出しされていない作品を探す方が難しいと思うくらいラインナップが充実しています。

TSUTAYA DISCASにも30日間の無料期間がありますが、この期間内に解約すれば料金は掛からないので、興味がある人は試しに利用してみても損はしません。

\30日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間中に退会すればタダ
※動画1万本見放題VODのTSUTAYA TVも使える(※TSUTAYA DISCASではなくTSUTAYA TVで配信されている場合もあります)
※無料期間でもTSUTAYA TVで使える1100円分のポイントが貰える

映画『キャビン』あらすじ

山奥にある別荘で週末を楽しむことにした大学生の男女5人組。道中寄った古びたガソリンスタンドで、気味の悪い老人から警告を受けるもそれを無視して目的地に向かいます。

着いた先は寂れた山小屋。何故か部屋にマジックミラーがあったり、残酷な描写の絵画がありましたが5人はそこまで気にかけません。夜になってトゥルースorデア(日本でいう王様でゲームのような遊び)をしていると突然地下室への扉が開きます。地下室には多種多様な品物が置いてあり、ディナは残酷な内容が書かれた日記を見付けました。そこに書かれていた呪文は封印されたゾンビが復活するための言葉。何も知らないディナはその呪文を読んでしまいゾンビのバックナー一家を解放してまう……と、ここまではホラー映画でよくある展開。

実はこの5人、とある「組織」に行動を全て監視されていました。組織の目的は「古き神々のために5人を生贄として捧げる」こと。果たして5人は組織のシナリオに抗うことができるのか…!?

映画『キャビン』基本情報・キャスト

製作年:2012年製作・アメリカ・ホラー(日本公開2013年3月9日)R15+
監督:ドリュー・ゴダード
製作:ジョス・ウィードン
出演:クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース、アンナ・ハッチソン、フラン・クランツ、ジェシー・ウィリアムズ、 リチャード・ジェンキンス、 ブラッドリー・ウィットフォード、ブライアン・ホワイト、 エイミー・アッカー、ティム・デザーン、 トム・レンク、ダン・ペイン、ジョデル・フェルランド、ダン・シェア、マヤ・マッサー、マット・ドレイク、 シガニー・ウィーバー

映画『キャビン』見どころ3選!

殺戮のエレベーター!

キャビンスクリーンショット

やはりキャビンの最大の見どころといえば、物語終盤におけるクリーチャーラッシュのエレベーターシーン。今まで組織の思い通りに動かされてきたディナ達の逆転劇ともいえる超絶爽快シーンは文字通り出血大サービス!キャビンといえばコレ、と言っても過言ではないでしょう。
エレベーターのチン!という軽快な音とは裏腹な地獄絵図のギャップは最早シュール。一度に現れる大量のクリーチャーにはまさに「目が足りない」状態なので、ここだけでも繰り返し何回も見てしまいますね。

大量のホラーオマージュ

キャビンスクリーンショット2

ホラー映画のお約束満載、メタ発言も飛び交う本作ですが、どこかで見たことあるクリーチャーもチラチラ見かけます。有名どころでいえば「死霊のはらわた」「IT」「ヘルレイザー」「シャイニング」……などなど。設定やクリーチャーもですがタイトルコールすらも「ファニーゲーム」のオマージュ。

ホラー映画からのオマージュが多いので、より多くのホラー作品を見てる人ほど楽しめるのがキャビンの楽しさですね。逆にキャビンをもっと楽しく見るためにオマージュ映画を見始めた僕みたいな人もいるのではないでしょうか??ただ数が多すぎてまだ全部は見れてないのが現状…。まあまだまだ見るべきものがあるという意味では楽しみが多くていいんですけどね!

ちなみにオマージュ元は50作を超えています。こんなに詰め込んだ作品はなかなかお目にかかれませんよ…後にも先にもそれを超える映画はきっと現れないでしょう!

何気ない伏線から読み取れる「本当の5人」

キャビンスクリーンショット3

可愛いけど男慣れしてないディナ、ちょっとおバカでセクシーなジュールズ、真面目で勉強熱心なホールデン、強引で男気のあるカート、ラリってるだけのマーティ…いかにも「リア充」「パリピ」的表現が似合う仲良しグループです。でも実はこの5人、全員秀才の類というのも、

①冒頭でディナは経済学の本を持って行こうとしてた
②カートは社会学選考、かつ冒頭でディナに薦めてたのも難しそうな本
ラテン語の読めるホールデン
小難しい持論や歴史の話をするマーティ

という点からあれ?もしかし皆頭がいいのでは?とふと思うわけです。

①~④はさりげな~く組み込まれてるのですが、一つ一つでは気付きにくいです。ジュールズに関しては、金髪にしたのをディナに「思い切った」と言われてる様から普段は金髪とは程遠いイメージだったことが考えられますね。また、マーティに「急にエロくなった」と言われてることからも元々はお色気キャラじゃないこともわかります。

本来の5人とは違う印象に思えるのは組織が「ホラー映画あるある登場人物」に仕立て上げたから。結構深いんですよ、キャビン。これに気付くとキャビンの世界観を倍楽しめると思います。

映画『キャビン』予告編

映画『キャビン』ネタバレ

古き神々の正体とは?

生贄を捧げきれなかったために、封印しきれなかった巨大な神の手が地下から施設を突き抜けて終わるのが本作のラストシーン。結局「古き神々とはなんだったのか?」という謎は明かされないまま終わります。

これはあくまで僕の予想なのですが、おそらく「クトゥルフ神話の神々」なのではないでしょうか。

クトゥルフ神話に出てくる神々は「古き神々」と呼ばれます。また、施設内での会話の中に「大昔に地上を支配をしていた」という言い回しがありました。クトゥルフ神話の神々は旧支配者とも呼ばれている点と、施設の地下にあった五芒星(五芒星は旧神の印)からしてほぼこの考察で間違いないと思います。

もっと掘り下げるのであれば、最後に出てきた巨大な手。旧支配者の人柱であるクトゥルフは巨大な手足を持っているとされていることから、数多の神々の中でもあれはクトゥルフだろうと考えられます。

キャビンスクリーンショット4

映画『キャビン』感想

テンポの良さと飽きさせないストーリー

前半は特にホラー映画あるあるが組み込まれて、こういう展開よく見るな~と思いながらも、キャビンの強みであるテンポの良さと魅力的なキャラクターたちによって飽きることがありません。

また、あるあるのシチュエーションもなぜあるあるになってしまうのか?という限りなくメタい裏付けがあるのもキャビンの面白さ。金髪女がおバカなのは染料に薬が入ってるからだとか、ナイフで何かを刺したあとに手から落としてしまうのは微量の電流が流れるから、などなど…そんなのアリ?と思う反面、なるほどな~とも思ってしまうんですよね。
そしてあるあるの一つである「カップルが森でイチャイチャするシーン」組織の男たちが集まって真顔でモニターをガン見する姿はキャビンの中でも屈指のシュールさ。脱ぎそうで脱がないジュールズにアア~!と落胆する男たちや、フェロモンを増やした後にオッパイが見えて小声でやったな…と感嘆を漏らすシッターソンには笑いながらも共感しちゃいます。組織でいう客=神ではありますが、この時だけの「客」は僕らのような視聴者のことなんでしょうね(笑)

ジュールズが死んでからの一人また一人と襲われていく緊迫感はとにかく目が離せない。でも緊迫感だけが続いてしまうと息が詰まってしまう…そんなタイミングでコミカルな管制室に視点が変わる。でも雰囲気をぶち壊す程度のコミカルさではなく、息を抜くのにちょうどいいテンションです。こういう切り替わりが上手いんですよ。ストーリー全体の恐怖感、緊張感、コミカルさ、全てのバランスがいい。だから最後まで飽きずに見れる。すごい褒めるじゃん…って思われそうだけど、それぐらい僕はキャビンが好きですね!

魅力的なキャラクターたち

キャビンスクリーンショット5

キャビンに出てくるキャラクターたちは皆愛嬌があり、組織の人間でさえ憎めないのが本作の魅力。特に管制室コンビであるハドリーとシッターソンのやり取りは、罪の無い一般人を殺めてる人間とは思えないコミカルさ。二人の会話は聞いてて楽しいんですよね。大の大人なのに小学生のような無邪気さがある。特に電話をスピーカーにしてモーデカイをからかってるシーンなんてやってることが本当に小学生レベルで何回見ても笑ってしまいます。主にSNSで有名な「日本人だぞ。休みなど取るか?」という名言(迷言?)もこの二人の会話の産物ですからね。

メインの5人もそれぞれの個性がとても愛らしくて、地下室が開く前の彼らなんていかにも若者~という活力に微笑ましくなってしまうぐらい。中でも最初はコイツやべ~な…と思ってたマーティの後半のかっこよさなんて男の僕でも惚れてしまいましたね…ギャップが最高。よ~く聞くと序盤でこれからの予言をしていたり、かなりメタい発言をしているので彼の発言にニヤニヤしてしまう人も多かったのではないでしょうか?

あとキャビンでよく言われるのはカート役のクリス・ヘムワーズの最期のあっけなさですね。超人気俳優のクリヘムの最期がバイクで見えない壁に激突で脱落とは…。壁があるという伏線こそあったものの、まさか彼が犠牲者だとは思わなかったです。

キャビンスクリーンショット6

でも僕の本命はやはりクリステン・コノリー演じるディナ!ホラー映画のヒロインって可愛い子が多いんですが、こんなに可愛くてたくましい子ってあんまりいないと思うんですよね。最初のパンツ姿なんて序盤からサービスが良すぎる!恐怖に怯えてる顔も、真実に気付いて怒る顔も魅力的な女優さんです。

映画『キャビン』みんなの評価

映画『キャビン』まとめ

ホラー映画あるあるとホラー作品のオマージュを見事に組み込んだ秀作、キャビン。
ストーリーの面白さとキャラクターの魅力が最高すぎて、何回でも見たくなってしまう中毒性があります。一回だけでは回収できない伏線やオマージュ元を追う内に、本作の細かさに気付き、深みにハマっていくこと間違いなし。ホラー映画を多く見ている方にこそ見てほしい作品です。

それと他のホラー映画もですが、「神」の正体であるクトゥルフ神話も調べて頂くともっと楽しく見れますよ!元ネタを知ってこそなキャビンの魅力を最大限に感じることができるのでオススメです。

* 紹介した作品の各VODの配信情報は2020年3月のものになります。