R指定映画

映画『ラマン』フル動画を無料視聴!エロ&シュールな少女の成長物語

ラマンメインビジュアル

『ラマン』…少女の成長をちょいエロ&シュールに描いた青春物語です。

映画『ラマン』の無料視聴方法

ラマンを配信しているVODは以下になります。

U-NEXT
Hulu ×
dTV ×
FODプレミアム ×
TSUTAYA DISCAS

映画『ラマン』の視聴にオススメなのはU-NEXT

U-NEXTロゴ

僕が一番お勧めしたいVODはぶっちぎりでU-NEXTです。

動画配信本数が17万本以上(見放題14万本)とVOD業界全体で見てもトップの配信本数を誇る事に加えて、電子書籍35万冊以上配信、雑誌70誌以上の読み放題が利用出来るという優れモノの動画配信サービスになっております。

さらに我々男性には嬉しい事に、見放題で視聴できるアダルト動画が3万5千本以上も配信されていると言う神としか言い様の無いVODで御座います!
R指定映画なんてしゃらくせえ!もっとスケベな動画が見たいんじゃ!と思っているお父さんお兄さんも絶対に満足できる質と量が揃っている事を、チェリーボーイだけあってAVを滅茶苦茶見てる僕が保障します!

また、31日間の無料期間中でも600円分のポイントが配布されると言う大盤振る舞いを見せてくれています!このポイントは映画・ドラマの最新作や電子書籍の購入に使えるので利用価値は非常に高いです!(有料会員になると毎月1200ポイント付与)

月額料金は1990円で強気の価格設定ですが無料期間中に解約してしまえば月額費を払う必要は無くタダで利用できるので、使うだけ使ったらさっさと解約しましょう。

\ 31日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間でも600円分のポイントが貰える
※無料期間中に退会すればタダ

映画『ラマン』をDVD/BDで見たい人はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASロゴ

BDかDVDで見たい!という方にはTSUTAYA DISCASがお勧めです。

これは注文すると自宅にBD/DVDが届くと言う宅配レンタルサービスになっています。
返却も郵便ポストに投函するだけなので非常に簡単です。

VODは便利ですが、配信されていない作品も多かったりします。
その点TSUTAYA DISCASは日本のレンタルビデオを支配したTSUTAYAが運営しているサービスなので、貸し出しされていない作品を探す方が難しいと思うくらいラインナップが充実しています。

TSUTAYA DISCASにも30日間の無料期間がありますが、この期間内に解約すれば料金は掛からないので、興味がある人は試しに利用してみても損はしません。

\30日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間中に退会すればタダ
※動画1万本見放題VODのTSUTAYA TVも使える(※TSUTAYA DISCASではなくTSUTAYA TVで配信されている場合もあります)
※無料期間でもTSUTAYA TVで使える1100円分のポイントが貰える

映画『ラマン』あらすじ

「醜く朽ち果ててしまう前に自分を葬ってしまいたい…」。大人になることへの不安感を抱えていた17歳の少女(安藤希)は、背中に天使の羽のタトゥーを入れ、3人の年上の男A(田口トモロヲ)、B(村上淳)、C(大杉漣)との間に1年間の愛人契約を結び、自身の身体を売り渡します。

いつも優しく少女を抱くA、抱かずに見るだけのB、乱暴に犯すC。
生活感の全く無い洋館で、素性もよくわからない男たちを相手にして、ひたすら繰り返される背徳感に満ちた情事……。

はじめは身体だけの繋がりしかなかった少女と男たちの関係が、月日が経つにつれて微妙に変化していき、少女の心の中には未知なる感情が芽生えます。

1年間の愛人契約が終わった時に、果たして少女は何を思うのでしょうか?

ラマンスクリーンショット

映画『ラマン』基本情報

製作:2004年製作・日本・ロマンス(日本公開2005年2月5日)R15+
監督:廣木隆一
原作:やまだないと
出演者:安藤希、田口トモロヲ、村上淳、大杉漣

ラマンスクリーンショット2

映画『ラマン』見どころ3選!

女のエロvs男のエロ!

やまだないと作品と言えば、女性視点で女子的なちょいエロがオシャレに描かれているイメージですね。(女性が考えるエロスって、なんだかとっても奥が深そうですね…)
それに対して本作の監督は、今や日本映画界を代表する巨匠監督のひとり廣木隆一監督(『余命1ヶ月の花嫁』『さよなら歌舞伎町』『ママレード・ボーイ』など)ですが、元々はピンク映画の出身なんです。
女目線のエロと男目線のエロが混じりあった結果、一風変わった独特なエロスが味わえます!

名優たちの魅力がいっぱい!

田口トモロヲ、村上淳、(残念ながら今は亡き)大杉漣と、日本映画界を代表する個性派俳優たちのオフビートでミステリアスな演技を堪能できます。しかも皆さんそろっていい声なので、言葉責めのエロさも倍増!

ラマンスクリーンショット3

シュールなセックス描写がクセになる!

いきなり全裸にされたり、乱雑に抱かれたり、羞恥プレーされまくったりしても、いつも無表情で淡々としている安藤希を見ていると、「心のこもっていないセックスほどシュールなものは無いんだな…」と妙な可笑しさがこみ上げてきます。(ということは、“セックスの最中に気持ちいいフリをしてくれる女性には愛がある”ってことですよね!?)

映画『ラマン』予告編

(105秒)

映画『ラマン』ネタバレ

愛人として一年過ごした少女はどうなるか?

春、大人になる未来に絶望感しか持てなかった少女は、傷つく前に自分で自分を傷つけてしまおうとして、見知らぬ男たちに身体を捧げ、求められるがままにセックスを繰り返す日々が始まります。

ラマンスクリーンショット4

夏になり、男たちと一緒に花火を見上げながら、少女は男たちもかつては汚れのない少年だったことに気づきます。

秋になったある日、少女は見知らぬ男にレイプされ、妊娠してしまいます。
たまたまレイプ現場に居合わせたクラスメイトの弟が、少女を救おうと手を差し伸べてくれるのですが、まだ幼くて純粋な彼を見ると、少女はすでに自分が汚れてしまっていることを痛感し、その手を取ることができないのでした。さらに、そんな彼の目の前で、男たちに命令されるがまま淫らな行いをしてしまいます。

冬にCが何者かに刺されて入院することになるのですが、その病室からは少女の通っている高校が見えます。そして、かつてここに入院していた男たちの大切な仲間が、少女を愛人にする夢を抱いていたことを知ります。

一年が経ち、18歳の誕生日を迎えた少女は、男たちの仲間が眠る墓へ行き、その墓に口づけをします。その帰り道、愛人契約が終わり、自由の身となった少女は男たちに別れを告げるのですが、自身の胸の中に男たちへの愛情が芽生えていることに気づくのでした。

ラマンスクリーンショット5

映画『ラマン』感想

乙女心は複雑!

少女の「身も心も汚されることなく綺麗なままでいたい」というピーターパン的な願望は僕にもよくわかります!しかし、だからといって「汚される前に自分の意思で汚してしまおう」という発想になってしまうのは正直よくわかりませんでした。(この辺が男と女の違いでしょうか…)

そんな少女が大人になることを受け入れて成長するという物語が描かれているのですが……世の中の多くの女性たちは、本作の少女のようなプロセスを経て大人になったのではないと強く信じたいです!(たまにクールでミステリアスな大人の女性を見かけたりしますが、もしかしてこんな風に壮絶な人生を歩んだりしているんですかね?)

自分のピュア度が試される!?

魅力たっぷりな大人の男たちによって、うぶな少女の性が開発されていく展開には、正直うらやましさを感じてしまったことも事実ですが……自分が守りたいと思った女性が、他の男の前でオナニーする姿を見せつけられるだなんて、果たして耐えられるのでしょうか?(自分だったら本作の少年と同じように泣いてしまう気がします……ということは、自分もまだまだ純粋な心を失っていないってことですよね!)

ラマンスクリーンショット6

映画『ラマン』みんなの評価

映画『ラマン』まとめ

オフビートでシュールな青春映画!それが【ラマン】です。

愛人契約、セックス、レイプ、中絶……と、けっこうヘビーな題材を扱っていながらも、終始オフビートでドライに淡々と描かれていることもあり、シュール過ぎてつい笑ってしまうシーンも多く、鑑賞後にはちょっとした清々しささえ感じられます。

複雑な乙女心を知るためにも、見て損はない一作です!

* 紹介した作品の各VODの配信情報は2020年2月のものになります。