R指定映画

成海璃子の濡れ場が観れる映画一覧

成海璃子の濡れ場・ヌード・乳首・ベッドシーンなどのある映画をまとめています。

女優の濡れ場が観れる映画
女優の濡れ場が観れる映画一覧【まとめ記事】女優を中心に、アイドル、タレントなど芸能人の濡れ場のある映画を纏めました! 膨大な纏め記事なので目次を活用してください! 日本の...

成海璃子の濡れ場が堪能できる映画

無伴奏

無伴奏スクリーンショット4
監督矢崎仁司
レイティングR15+
出演者成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜 他
あらすじ

1969年の4月、世間は学生運動の話題で持ちきりで、高校生の響子もその渦の中に立っていました。彼女は友人たちと共に「制服廃止闘争委員会」を立ち上げ、学園闘争を繰り広げていきます。

しかし、響子はその中心に立ちながらも、特に世論に詳しいわけでも、政治に詳しいわけでもありません。ただこの退屈な日々と、将来に対する不安を打ち消したいだけなのでした。

そんなある日、友人に誘われて「無伴奏」というクラシック曲の流れる喫茶店に行った響子は、運命的な出会いを果たします。

そこで出会った大学生の渉、祐之介、エマの3人に話しかけられた響子は、最初は人見知りをしていたものの、高校生とは違う大人びた3人の事が次第に気になりだしました。

その中でも、渉は特に積極的に響子に話しかけていた為、2人はすぐに親しい関係になっていきました。

その日の夜、渉たちと遅くまで話していた響子は、門限がとっくに過ぎた時間に家に帰ってきました。そのことを厳格な父に知られ、響子はこっぴどく叱られてしまいます。しかし、響子は全く反省の色を見せず、翌日から再び学園闘争を行い、最終的に自宅謹慎を命じられてしまいました。

父との関係は更に悪化し、その状態のまま、両親と響子の妹は父の転勤の影響で、東京に行ってしまいます。叔母の家がある仙台に残ることになった響子は、父に高校を卒業したら、東京の大学に行くよう強く言われていましたが、仲の良い友人がいる仙台から離れたいとはこれっぽっちも思っていませんでした。

6月、学生運動の中心に立つことになった響子は、その激しい暴動の中に巻き込まれたせいで怪我を負ってしまいます。なんとか警備隊からは逃げることが出来ましたが、多くの学生たちが捕まってしまいました。

元々真剣に運動と向き合ってはいなかった響子は、ようやくその経験から怖さを実感し、その思いを鎮めるために無伴奏へと足を運びました。

そこで、再び渉たちと出会った響子は、渉に学生運動であったことや、父との確執を少しずつ話しました。渉は響子の話を最後まで聞いて、一緒に散歩までしてくれました。傷ついた心を癒してくれる渉の存在は、響子の中でどんどん大きくなっていきます。

後日、渉に大学生たちの集まる秘密の茶室があるのだと教えられた響子は、渉と共に竹林の奥にある茶室へと向かいました。そこには、先にエマと祐之介が居座っており、響子たちにゆっくりしたらいいと声をかけてくれました。

こうして、響子は渉たちとその茶室で過ごすことが楽しみになり、よく通うようになりました。過ごす中で、渉には姉がおり、両親は自殺しているという話をエマから教えられた響子は、もっと渉を知りたいと思うようになります。

暫くすると、響子がいることにも慣れてきた祐之介とエマが、急に渉と響子の目の前でセックスを始めようとしてきます。茶室の別の用途を理解した響子が、急いで茶室から去ろうとすると、何故かそれを渉が止めようとします。

祐之介たちの空気に当てられたのか、渉は響子をゆっくり抱きしめると、自分が響子の事をどう思っているのかを伝えてくれました。渉の好意を受け止めた響子は、そこからじわじわと恋にのめり込み、少女から大人へと成長していくのでした。

【無伴奏】の詳細を見る »

『無伴奏』のフル動画を無料視聴!

海辺の映画館―キネマの玉手箱

監督大林宣彦
レイティングPG12
出演者厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲、成海璃子
あらすじ

尾道の海辺にある唯一の映画館・瀬戸内キネマが閉館を迎えた。嵐の夜となった最終日のプログラムは、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行。そこで映画を観ていた3人の若者は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。

引用元:U-NEXT公式 映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」

【海辺の映画館―キネマの玉手箱】をU-NEXTで見る »

* 紹介した作品の各VODの配信情報は2021年7月のものになります。