R指定映画

映画『トランスアメリカ』フル動画を無料視聴!マイノリティな父子の自分探しロードムービー

トランスアメリカスクリーンショット

『トランスアメリカ』…性同一性障害の父親とその息子が、共に旅をしながら、本当の自分を認め合っていくロードムービーです。

このページでは『トランスアメリカ』の無料視聴方法を解り易く紹介しています。
また、あらすじ・見どころ・ネタバレなども紹介していますので、作品の概要だけ知る事も出来ます。

映画『トランスアメリカ』の無料視聴方法

『トランスアメリカ』を配信しているVODは以下になります。

U-NEXT
Hulu ×
dTV ×
FODプレミアム ×
TSUTAYA DISCAS

映画『トランスアメリカ』の視聴にオススメなのはU-NEXT

U-NEXTロゴ

僕が一番お勧めしたいVODはぶっちぎりでU-NEXTです。

動画配信本数が17万本以上(見放題14万本)とVOD業界全体で見てもトップの配信本数を誇る事に加えて、電子書籍35万冊以上配信、雑誌70誌以上の読み放題が利用出来るという優れモノの動画配信サービスになっております。

さらに我々男性には嬉しい事に、見放題で視聴できるアダルト動画が3万5千本以上も配信されていると言う神としか言い様の無いVODで御座います!
R指定映画なんてしゃらくせえ!もっとスケベな動画が見たいんじゃ!と思っているお父さんお兄さんも絶対に満足できる質と量が揃っている事を、チェリーボーイだけあってAVを滅茶苦茶見てる僕が保障します!

また、31日間の無料期間中でも600円分のポイントが配布されると言う大盤振る舞いを見せてくれています!このポイントは映画・ドラマの最新作や電子書籍の購入に使えるので利用価値は非常に高いです!(有料会員になると毎月1200ポイント付与)

月額料金は1990円で強気の価格設定ですが無料期間中に解約してしまえば月額費を払う必要は無くタダで利用できるので、使うだけ使ったらさっさと解約しましょう。

\ 31日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間でも600円分のポイントが貰える
※無料期間中に退会すればタダ

映画『トランスアメリカ』をDVD/BDで見たい人はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCAS

BDかDVDで見たい!という方にはTSUTAYA DISCASがお勧めです。

これは注文すると自宅にBD/DVDが届くと言う宅配レンタルサービスになっています。
返却も郵便ポストに投函するだけなので非常に簡単です。

VODは便利ですが、配信されていない作品も多かったりします。
その点TSUTAYA DISCASは日本のレンタルビデオを支配したTSUTAYAが運営しているサービスなので、貸し出しされていない作品を探す方が難しいと思うくらいラインナップが充実しています。

TSUTAYA DISCASにも30日間の無料期間がありますが、この期間内に解約すれば料金は掛からないので、興味がある人は試しに利用してみても損はしません。

\30日間の無料キャンペーンあります! /公式ページはこちら »

※無料期間中に退会すればタダ
※動画1万本見放題VODのTSUTAYA TVも使える(※TSUTAYA DISCASではなくTSUTAYA TVで配信されている場合もあります)
※無料期間でもTSUTAYA TVで使える1100円分のポイントが貰える

映画『トランスアメリカ』あらすじ

トランスアメリカスクリーンショット2

性同一性障害に悩むブリーは、女性として生きるため、LAでの性別適合手術を一週間後に控えていました。そんな折、NYの留置場から一本の電話が入ります。「息子のトビーが、万引きをして拘束されている」と。驚くブリーでしたが、実は過去に一度だけ、女の子と関係を持ったことがあるのでした。

突然現れた息子の存在に戸惑うブリーでしたが、NYへ赴き、母親を亡くしたトビーのために保釈金を払ってやることに。トビーとの関係から目を背けたいブリー。しかし、母親の死後、継父のもとから逃げ出し、1人NYに出てきたトビーのドラッグ漬けの荒んだ生活を見て、NYから彼を連れ出そうと決心したブリーは、自身の秘密を隠したまま、LAまで彼を連れて帰ることにします。17歳のトビーは、まだ見ぬ父親と一緒に暮らすことを夢見ているのでした…

映画『トランスアメリカ』基本情報・キャスト

製作:2005年・アメリカ製作・ドラマ(2005年公開)R15+
監督:ダンカン・タッカー
出演者:フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、グレアム・グリーン、バート・ヤング、キャリー・プレストン、レイノール・シェイン、リチャード・ポー、ダニー・バースタイン

映画『トランスアメリカ』見どころ3選

歪ながらも愛のある親子関係

トランスアメリカスクリーンショット3

性同一性障害に悩みながら、本当の自分で生きるために葛藤するブリーと、自分のルーツや父親を求め、父親とは知らずにブリーの内面の美しさに惹かれていくトビー。複雑な親子関係を隠していたことで、さらに事態はこんがらがってしまいますが、旅を通して、お互いを認め、わかり合っていく父と息子の間の愛情に、心が温まります。

刑務所で再開した親子の父子の物語↓

名もなき塀の中の王スクリーンショット
映画『名もなき塀の中の王』フル動画を無料視聴!刑務所の中の不器用な父子愛『名もなき塀の中の王』…少年が刑務所の中での出会いを通し、成長していく物語です。 このページでは『名もなき塀の中の王』の無料視聴方...

カントリーなアメリカの風景

ブリー&トビーは、NY、カリクーンを経てLAへと、アメリカ大陸を車で横断していきます。カントリーミュージックをバックに、広大なアメリカの土地を走り抜けていくシーンを見ていると、まるで自分が旅しているかのようなのどかな気分になってきます。そんなジャーニーな気分に浸れるのが、ロードムービーの楽しみの一つでもあります。

スコットランドの風景も楽しめるホラー映画↓

アンダー・ザ・スキン種の捕食スクリーンショット
映画『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』フル動画を無料視聴!男達を捕食する美しいエイリアン『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』…地球外生命体が人間の美女になりすまし、誘惑した男達を捕食していく話しです。 このページでは『ア...

自由に生きる難しさ

トランスアメリカスクリーンショット4

本当の姿で生きていきたいブリー、父親を求めるトビー、ブリーの性を受け入れられない親のエゴ…「ありのままで生きる」と言えばシンプルで綺麗に聞こえますが、現実はそう単純にはいかず、綺麗なことばかりではありません。色んな人と関わりながら生きるこの社会で、偽りなく自由に生きていくことの難しさを考えさせられます。

映画『トランスアメリカ』予告編

トランスアメリカ(予告編)

映画『トランスアメリカ』ネタバレ

父子の旅の結末は?

トランスアメリカスクリーンショット5

ブリーは、自身の身体が男であること、父親であることを隠したまま、トビーとの旅を始めます。潔癖なブリーと、今時の若者トビー。初めは反発し合っていた2人ですが、旅を通して、徐々に打ち解けていきます。しかし、ふとした拍子に、トビーはブリーの身体のことを知ってしまいます。嘘をつかれていたと腹を立てるトビー。やっと縮まった距離が、再び開いてく……微妙な空気の中で、それでも2人は旅を続けていきます。

道中、車の盗難に遭い、無一文になったブリーは、先住民のカルヴィンとの出会いを経て、やむなく実家にお金の無心に行きます。息子の性を受け入れられないクリスチャンの母親は、お金を貸す代わりに、トビーを置いていくように言います。そこで、自分がブリーに惹かれていると気付いたトビーは、ブリーと共に暮らすことを望み、愛を迫ります。もう逃げられないと悟ったブリーが、腹をくくって自分が父親であることを明かすと、ショックを受けたトビーは家を飛び出し、行方をくらませてしまいます。

無事、性別適合の手術を終えたブリーは、行方の知れないトビーのことを想いながら、念願の女性としての人生を送っていました。そんなある日、ブリーのもとへ、突然トビーが訪ねて来ます。複雑な気持ちを抱えながらも、トビーはブリーに迎え入れられ、お互いの近状を話しながら、酒を酌み交わすのでした。

映画『トランスアメリカ』感想

本当の自分で生きるということ

トランスアメリカスクリーンショット6

「どんな女性にも秘密を持つ権利がある」と先住民のカルヴィンは言いました。彼は、最後に自分の秘密を打ち明けます。

内容や大小はなんであれ、誰しも人に打ち明けにくい秘密を抱えて生きているのではないでしょうか?僕は、「人に受け入れてもらえるか?引かれたりしないだろうか?」という不安から、大切な人にほど、打ち明けにくかったりします。

秘密を洗いざらい打ち明けることだけが「自分をさらけ出す」方法ではないと思いますが、人が愛し合うためには、本当の自分をさらけ出したうえで、受け入れ合い生きていくことが不可欠なのではないでしょうか。人は、その方法、その相手を、探しているんじゃないかなと考えさせられました。

素敵なロードムービー!

そんな深いテーマでも、この映画が重くならないのは、アメリカののどかな雰囲気と、ユーモラスに描かれたキャラクターのおかげだと思います。のんびりと流れていく時間や、人々との交流は、「本当の自分で生きる」ということを、軽やかにユーモラスに描き出しているように感じます。旅気分に浸りながら、のんびりともう一度観たいな、と思える作品です。

映画『トランスアメリカ』みんなの評価

 

映画『トランスアメリカ』まとめ

トランスアメリカスクリーンショット7

こころ温まるロードムービー『トランスアメリカ』。
主演のフェリシティ・ハフマンは、性同一性障害の父親を見事に演じ、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたほか、本作はインディペンデント・スピリット・アワード初脚本賞、ドーヴィル映画祭脚本賞受賞を果たしました。ロードムービーとして気楽に楽しめる側面と、生き方について考えさせられる深い側面を兼ね備えた、おススメの作品です!

* 紹介した作品の各VODの配信情報は2020年6月のものになります。