R指定映画

内田慈の濡れ場が観れる映画一覧

内田慈の濡れ場・ヌード・乳首・ベッドシーンなどのある映画をまとめています。

女優の濡れ場が観れる映画
女優の濡れ場が観れる映画一覧【まとめ記事】女優を中心に、アイドル、タレントなど芸能人の濡れ場のある映画を纏めました! 膨大な纏め記事なので目次を活用してください! 日本の...

内田慈の濡れ場が堪能できる映画

捨てがたき人々

捨てがたき人々スクリーンショット
監督榊英雄
レイティングR18+
出演者大森南朋、三輪ひとみ、内田慈、滝藤賢一、佐藤蛾次郎、諏訪太朗、美保純、田口トモロヲ
あらすじ

人生に絶望し、金も仕事もない狸穴勇介(大森南朋)は、死に場所を求めて生まれ故郷の五島列島に戻ってきました。孤独で無気力な日々を過ごしていたある日、弁当屋で働く岡辺京子(三輪ひとみ)から声をかけられます。

顔に大きなアザのある京子は、勇介に対して「自分も不幸だったけど新興宗教のおかげで辛い過去から救われた」と笑顔で励まします。しかし勇介は、健気な京子を無理やり押さえつけてキスをし、さらに強姦しようと迫ります。間一髪のところで京子の叔母のあかね(美保純)が現れたおかげで、京子は難を逃れます。

翌日、勇介が土下座して謝ると、許しが大切であるという信仰心に従って、京子は謝罪を受け入れます。その晩、勇介に招かれたディナーの席で酔い潰れてしまった京子が目を覚ますと、なぜか勇介の自宅に寝かされていました。そして抵抗虚しく京子は勇介とカラダの関係を持ってしまいます。

その出来事によって京子の心は激しく傷つきますが、家に帰っても軽蔑している母が獣のように恋人とのセックスに明け暮れているし、相談相手として頼りにしているあかねも日中から常連客と堂々とセックスに興じているため、京子には心安らぐ居場所もありません。さらに、京子自身もまた妻のいる元カレからのセックスの誘いを断れずにダラダラとカラダの関係を続けていました。

そして、周囲と自分自身に対する嫌悪感に押し潰されそうになった京子は、すがりつくように勇介の家を訪ね、再び勇介に抱かれます──。

【捨てがたき人々】の詳細を見る »

『捨てがたき人々』のフル動画を無料視聴!

ABOUT ME
タコ助
エロ映画研究所管理人のタコ助です!映画館でのアルバイトを経て映画配給会社に就職しましたが、現在は退職して趣味でエロそうな映画を見る日々です。 友人の間では「エロ映画博士」の名で通っています(笑)