R指定映画

飛鳥凛の濡れ場が観れる映画まとめ一覧

飛鳥凛の濡れ場・ヌード・乳首・ベッドシーンなどのある映画をまとめています。

女優の濡れ場が観れる映画
女優の濡れ場が観れる映画一覧【まとめ記事】女優を中心に、アイドル、タレントなど芸能人の濡れ場のある映画を纏めました! 膨大な纏め記事なので目次を活用してください! 日本の...

飛鳥凛の濡れ場が堪能できる映画

ホワイトリリー

ホワイトリリースクリーンショット4
監督中田秀夫
レイティングR18+
出演者飛鳥凛、山口香緒里、町井祥真、西川可奈子(西川カナコ)
あらすじ

大人気陶芸家の乾登紀子(山口香緒里)に師事し、自宅兼アトリエで住み込み弟子として暮らしている結城はるか(飛鳥凛)は、師匠と弟子の関係性を超えた特別な愛情を登紀子に対して抱えていました。

過去に婚約者を不幸な事故で失って人柄が変わってしまった登紀子は、仕事も疎かになり、酒に溺れ、毎日のように違う男を自宅に連れ込んでセックスに耽る日々を過ごしています。しかし、登紀子は男とのセックスでは満足感を得られず、いつも男が帰った後ではるかの体を求めずにはいられません。そして、はるかもまた登紀子から求められることを喜びます。

はるかが高校生の頃、家にも学校にも居場所が無かったはるかのことを優しく受け入れてくれて、家庭の暖かさと陶芸の楽しさを教えてくれたのが登紀子でした。だからこそ、婚約者を失って絶望の淵にあった登紀子を見た時に、はるかは「一生、登紀子の全てを受け入れる」と固く心に誓ったのでした。

ある日、登紀子は有名陶芸家の息子の二階堂悟(町井祥真)を住み込み弟子として新しく迎え入れます。すると、登紀子とはるかの関係が次第に狂い始めていきます──。

【ホワイトリリー】の詳細を見る »

『ホワイトリリー』のフル動画を無料視聴!

殺人鬼を飼う女

殺人鬼を飼う女スクリーンショット4
監督中田秀夫
レイティングR18+
出演者飛鳥凛、大島正華、松山愛里、中谷仁美、水橋研二、浜田信也、吉岡睦雄、根岸季衣
あらすじ

幼少期に義父から性的虐待を受けていた櫻木京子(飛鳥凛)は、そのトラウマへの防衛本能から多重人格障害になってしまい、それ以来、レズビアンのナオミ(大島正華)、淫乱ビッチのユカリ(松山愛里)、ピュアな小学生のハル(中谷仁美)という3人の別人格と共存していました。

マンションの隣人が憧れの小説家の田島冬樹(水橋研二)ということを知った京子は、ひょんなことから絶版で入手不可能となっていた彼の処女作「私のなかの私」を借りられることになって喜びます。しかし、京子の彼への好意に嫉妬したナオミによって本はゴミ捨て場に捨てられてしまい、後日それを発見した田島から京子は嫌われてしまいます。

ある日、京子の勤務先のレストランに実母の友香里(根岸季衣)がやってきて、店内で迷惑行為をした挙句に金をせびります。困惑した京子は、母の家に行って現金を渡しますが、彼女はすぐにその金を同居しているヒモの男に貢いでしまいます。その時、京子の人格がユカリに入れ替わり、ヒモ男を誘惑し始めて……その晩、ユカリは彼と激しく抱き合います。

翌朝、自宅のベッドで京子が目覚めると、「彼が帰ってこない!」と取り乱した母が乱入してきて暴れ回ります。その騒ぎを聞きつけた田島に仲裁してもらったことがきっかけで、京子と田島の距離が縮まりますが……京子の周囲では、不可解な出来事が次々と起こり始めます──。

【殺人鬼を飼う女】の詳細を見る »

『殺人鬼を飼う女』のフル動画を無料視聴!

のみとり侍

のみとり侍スクリーンショット

監督鶴橋康夫
レイティングR15+
出演者阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、前田敦子、風間杜夫、大竹しのぶ、伊武雅刀、六平直政、三浦貴大、松重豊、飛鳥凛、雛形あきこ、樋井明日香、山村紅葉、桂文枝
あらすじ

老中・田沼意次が実権を握る江戸時代後期、長岡藩の勤勉なエリート侍の小林寛之進(阿部寛)は、とある歌会で藩主の逆鱗に触れてしまい「猫の蚤とり」になることを命じられます。

寛之進は「蚤とりとは何か?」がわからないまま蚤とり屋に向かいます。すると、大将と女将から「仇討ちのために蚤とり屋に潜入することになった」と勘違いされたおかげもあって歓迎されるのですが……実は“蚤とり”とは男娼のことだったのです。

困惑しながらも蚤とりとして働き始めた寛之進は、亡き妻にそっくりな婦人・おみね(寺島しのぶ)から初指名を受けたことに舞い上がります。しかし、いざ事を終えるとおみねから「ヘタクソが!」と罵られてしまいます。

ショックを受けた寛之進は、ひょんなことから知り合ったプレイボーイの若旦那・清兵衛(豊川悦司)の浮気現場を覗き見して性技を学んだり、たくさんの女たちと実践を重ねて複雑な女心を理解したりしながら、「おみねの身体も心も悦ばせたい」と日々精進を重ねていくのだった──。

【のみとり侍】の詳細を見る »

【のみとり侍】をU-NEXTで見る »