R指定映画

萬歳光恵の濡れ場が観れる映画一覧

萬歳光恵の濡れ場が観れる映画一覧

萬歳光恵の濡れ場・ヌード・乳首・ベッドシーンなどのある映画をまとめています。

萬歳光恵の濡れ場が堪能できる映画

神と人との間

神と人との間スクリーンショット6
監督内田英治
レイティングR15+
出演者渋川清彦、戸次重幸、内田慈、山田キヌヲ、萬歳光恵
あらすじ

過去の恋愛体験をネタにして漫画を描いている穂積(渋川清彦)は、自身の壮絶な三角関係を思い出す度に怒りと悲しみがこみ上げてきて、「いっそ死んでしまいたい…」と絶望してしまうぐらい生きる目的を見失っていました。

5年前、田舎の診療所の町医者だった穂積は、患者として出会った売れない漫画家の添田(戸次重幸)と意気投合して友人となり、二人して熱帯魚店で働く朝子(内田慈)に恋心を抱きます。朝子は穂積の方により好意を抱いていましたが、添田との友情関係を優先した穂積は朝子への想いを諦めて身を引きます。その後、添田と朝子は結婚し、東京へと引っ越してしまいます。

半年後、二人に会うために上京した穂積は、再会した朝子から「添田には愛人がいて自分は愛されていない」と悩みを打ち明けられます。泣き崩れる朝子を見て穂積が罪悪感に苛まれていると、そこに酔っ払った添田が現れたので、穂積は「朝子のことを愛する責任がある」と添田を問いただします。しかし、添田は「他に女がいるけど、俺が朝子を愛していないとは言えない」と反論し、「朝子もいつか俺の愛に気づくはずだ」と豪語して譲りません。

穂積は「もう二人とは会えない」と帰ろうとしますが、「ここで逃げ出すのは無責任だから、これからも朝子に会って欲しい」と添田に引き留められることになり……それから1ヶ月、なぜか穂積は朝子と添田の自宅で暮らすことになるのでした──。

【神と人との間】の詳細を見る »

『神と人との間』のフル動画を無料視聴!