R指定映画

和田瞳の濡れ場が観れる映画一覧

和田瞳の濡れ場・ヌード・乳首・ベッドシーンなどのある映画をまとめています。

和田瞳の濡れ場・ヌードが堪能できる映画

悲しき天使

悲しき天使スクリーンショット6
監督森岡利行
レイティングR15+
出演者和田瞳、水野勝、川上奈々美、重松隆志、森田亜紀、円谷優希、山田奈保、赤羽一馬、お宮の松、中西良太、三浦浩一、木下ほうか
あらすじ

大阪のとあるバーで、客の男・茂(水野勝)がバーテンダー(木下ほうか)に「僕は“女師”だったんです…」と打ち明けます。女師の意味をバーテンダーが尋ねると、「世話係や下男みたいなヒモではなく、嘘をついて騙すホストでもなく、女の心をケアして自分の色に染め上げ、僕がいないと生きられないように身体を張って教育する……それが女師です」と説明した茂は、自分が女師になった経緯を静かに語り始めます。

トラック運転手のアルバイトをしていた茂は、事故を起こして多額の借金を抱えてしまい、辛い現実から逃げるように大阪の色街へと流れ着きます。そこで美しい遊女・一美(和田瞳)と出会った茂は、一瞬にして恋に落ちたのでした。

その後、一美の専属運転手となった茂は、料亭「吉野屋」に出入りするようになります。吉野屋には、一美の他にもヤクザの女で精神障害を抱えたさゆり(川上奈々美)や、元中学校教師のハルコ(森田亜紀)のように、それぞれに複雑な事情を抱えた女たちが集っていました。

吉野屋の遊女たちの人生の悲喜劇に触れた茂は「一美に仕事を辞めさせて一緒に普通の生活を送りたい」と願い始めますが、実は一美には服役中のヤクザの夫がいました。そして、一美もまた許されぬ恋と知りながら茂への想いを募らせていきます。

こうして、茂と一美の狂おしいほどの純愛は、悲劇的な結末へ向かって動き出していくのでした──。

【悲しき天使】の詳細を見る »

『悲しき天使』のフル動画を無料視聴!